特定調停とは

特定調停とは

特定調停とは債務者が簡易裁判所に申し立てをし、裁判所の調停委員に間に入ってもらい債権者と話し合い、債務を原則3年から5年以内で分割返済して支払っていく方法です。

 

簡易裁判所が、債務者と債権者間の返済に対し和解の手助けをしてくれるということです。
もう少しわかりやすく言いますと、裁判所が入った任意整理といえるでしょう。
しかし裁判所は、債務者、債権者のどちらかの味方ではなくあくまでも仲裁だけですので、結論は自分で出さないといけません。
特定調停は、自分で申立てから交渉までやりますので、専門家に支払う費用が出せない方が選ぶことが多いようです。

 

 

特定調停の特徴
特定調停は任意整理と似ていますが、本人が直接裁判所に出向きますので、費用が非常に安くできます。
債権者が多少多くても非常に安く済みます。
*具体的な金額は各簡易裁判所によって違いますので申立てる簡易裁判所に直接問い合わせてください。

 

一般的に人に頼まないで自分で手続きしますので、特定調停は他の債務整理に比べ、費用は一番安くなります。

 

しかし手間と時間は必要になります。最低3回(申立てと調停委員との打合わせと調停時。)は裁判所に出向かなくてはいけません。
申立ては自分で時間を作っていけばよいのですが、打ち合わせと調停日は裁判所から日にちと時間が指定されますので、仕事を休むなどして時間の調整をしなくてはいけません。
特定調停の場合は、本人が裁判所に申し立てをし、調停委員を交えて和解を成立しますので、自分で結論を出さなくてはいけません。
調停委員は申立人と債権者のどちらの味方ではありませんが、ある程度のアドバイスはしてくれます。
また複数の債権者を一緒にまとめて申立てが出来ますので、決まるときは非常に速く和解が成立します。

 

最後に特別調停は裁判所を通しますので調書は非常に重みのあるもので、確定判決と同じ効力があります(債務名義と言います。)。

 

万が一支払いが出来なくなりますと、強制執行で給料などの差押えをされてしまうこともありますので、注意が必要です。

 

特定調停Q&A

借金無料相談所

借金の借入先の契約内容や返済期間などによって対処方法は変わってきます。

 

生活支援相談所では、専門スタッフによる適切な債務整理方法をアドバイス・サポートをしています。
早く確実に解決するため相談する勇気を出しましょう。
貴方の借金問題解決のお手伝いを出来ればと思います。

 

 

        メール問合せはこちらから