倒産を考えたとき

倒産について

お金がうまく回らないと倒産もあります。

 

赤字だけでは倒産しません。資金が回っていれば倒産はしません

 

黒字でも倒産はします。資金が回らなくなると倒産に至ります。
例として売掛金の集金サイトが180日後とか非常に長期にわたり、集金までに更に運営費がかさみ体力がなくなった時や、取引先が倒産し、自分のところが連鎖してしまう時など

 

まずは現状を分析してみましょう。

負債・未払金の洗い出し

個人の場合

 

ほとんどが個人の借金です。
※保証人がついてる場合があります。
担保、保証人が付いている債務はあるかどうか?
無担保の債務の洗い出し。
未払い金の洗い出し
@従業員の給料
A税金や電話代、電気代やガス料金などの公共料金
B車やコピー機などのリース料
C仕入代金や下請け、外注に支払うもの
D自宅や事務所・店舗の家賃

 

法人の場合

 

法人と個人の借金を別々に分けてそれぞれ出します。
※法人借入の場合は代表者が保証人になっている場合がほとんどです。

 

上記の個人以外に
公的機関や銀行等の借入。

債権・資産の洗い出し

債権・資産

 

仕事のものと個人のものを洗い出します。

 

仕事のもの
@売掛金
A会社の預貯金
B会社の資産(不動産、敷金、保証金、車、機械・設備等)

 

個人のもの
@不動産、車など
A預貯金
B生命保険・損害保険(積立式など)

その他

奥さんが経理や資金繰りをしているケースは注意しましょう。
※社長(旦那さん)が知らないところで、奥さん個人が借り入れている場合が多くなっています。

 

@奥さんが苦労している場合は借入先が多数出てくる場合があります。
A消費者金融や信販・クレジット会社も洗い出ししましょう。
B上記の個人の場合と同じように洗い出しましょう。

 

 

 

 

■お電話はこちらにどうぞ

03-5807-6070

平日10時〜21時

土曜は10時〜18時

 

■メール相談24時間受付中!