ブラックリストについて

ブラックリストとは?

ブラックリストとは何?借金で不履行したら自分の情報はブラックリストに載るのか?ブラックリストに載ると借金は出来ないのか?

 

よく世間ではブラックリストと呼んでいるものは何でしょうか? 。

 

金融会社から借入したり、クレジット会社でローンを組んだ場合顧客情報が「信用情報機関」に登録されます。
この登録情報はいつ、誰が、いくら借入をして次回支払い日がいつというように登録されます。次に支払い状況も登録されます。
支払いが遅れている。行方不明や死亡。または法的手続き(任意整理・破産・民事再生など)。貸出禁止依頼や代払いなどです。

 

これらは「事故情報」としてその貸付している会社が加盟している情報機関に登録をします。一般的な通常債権はその加盟している会員ならその人の借入件数・金額は当然解りますが、これは「ホワイト情報」です。
これと反対に前項で記載した悪い情報を「事故情報」又は「ブラック情報」と呼びます。

ブラックリストの実態

ブラックリストとは、不払い者を一覧でまとめた名簿のようなものと考えられますが、信用情報機関では延滞情報・事故情報などをリスト化することは一切なく、従って、ブラックリストのようなものはありません。

 

もし「ブラックリスト」というのがあれば、ある金融機関で自社で使う「不払い客の督促一覧表」です。
こういうリストは自社で回収など顧客管理に使いますので、他社や世間に出まわることはまずありません。

 

結論 世間でいう信用情報機関の「ブラックリスト」と呼ばれるものは存在致しません。

 

 

ブラック情報は借入出来るか?

金融業者は優良客を必要としています。

 

優良客とは約定通りキチンと履行してくれる債務者です。

 

逆に事故情報のある方は金融業者にとって回収に時間と手間とお金がかかります。
収益が利息収入ですから事故の有る方は利息は入らないし貸付元本の返済されない方は敬遠します。
よって事故情報の有る方は借入が難しくなります。

 

個人信用情報機関の個人情報はあくまで貸付の判断材料ですから融資するかしないかは、その金融業者の判断です。

 

信用情報機関とは?

借金相談

生活支援相談所では、専門スタッフによる適切な債務整理方法をアドバイス・サポートをしています。

 

早く確実に解決するため相談する勇気を出しましょう。

 

貴方の借金問題解決の悩みのお手伝いを出来ればと思います。

 

 

 

        メール問合せはこちらから